RAWデータの変換

納品されるRAWデータは、拡張子が「fff」(スリーエフ)となる、Hasselblad社が提供する、
「Flexcolor」(フリーソフト)でのみ変換可能なデータです。

このソフトによって、汎用使用可能なtiffやjpegデータに変換します。この変換作業は、一般のRAWデータ変換ソフト(Lightroom,CaptureOne他、各カメラメーカー付属ソフト)と同様に細やかな調整を加えたのちにデータを生成できますので、原板から得られた情報のロスを最小限に抑えて汎用データを得ることができます。

例えば、すでにTIFFなどに変換されている場合はトーンが決定されているため、違うトーンに変換した場合、データのロスが生じます。アナログ的に説明しますと、出来上がったプリントをスキャンしてレタッチする感覚です。

RAWデータからは、トーンコントロールやデータサイズなど、様々なパターンをロスなく作り出すことができます。
デジタル化したネガとお考えください。

「Flexcolor」のダウンロードは【こちら】から。

使用説明書は、【こちら】から。

RAWデータからのデータ変換の流れ

Flexcolorの基本画面

Flexcolorの基本画面

① クリック

クリック

② フォルダーを選択

フォルダーを選択

③ データを選択

データを選択

④ RAWデータ表示

RAWデータ表示

赤マーカー部分でフィルムを選択します。この場合はポートラ400。該当するフィルムが無い場合は近いものを選択します。ポジはRGBstanderdを選択します。

⑤ オート調整

オート調整

⑥ 調整される

調整される

⑦ さらに調整

さらに調整

⑧ 仕上げ

仕上げ

最初のオート調整でかなりの所まで仕上げてくれますが、一切オート調整を使わずに一から調整もできます。RAWデータですので、変換するまでは作業を重ねても画像の劣化はありません。

⑨ ビット数、サイズ指定

ビット数、サイズ指定

⑩ 保存/変換完了

保存/変換完了